• 室内写真
  • 室内写真
  • 室内写真
  • 室内写真
  • 室内写真
  • 室内写真
  • 室内写真
  • 室内写真

銀座はかつて、江戸幕府の「銀貨鋳造所」だったところ。 関ケ原の戦いに勝利した家康は、まず国内の流通促進を目的に銀の品質統一を行いました。 国内で初めて鋳造所が設けられたのが、当時最大の城下町、伏見城下の「伏見銀座」です。 メインストリート「京町通」の1筋西、両替町通(銀座通)に敷地が与えられ、 一帯には会所や商人の屋敷が建てられました。

城下町図から読み解くと、西側には役所、御屋敷、鋳造所、 東側には関係者の町家屋敷が並んでいたそうです。 本件は拠点となる「鋳造所」の真正面にあたり、かつては有力商人の屋敷が建っていたのかもしれません。

そんな最も賑わっていた頃の伏見で重要な役割を担った銀座町は、 今も京阪線と近鉄線が連結する主要駅「丹波橋駅」と、伏見が誇る「大手筋商店街」を結び、 区役所とも隣接する伏見の中心地。 古く美しい町並みは、お住まいのほか店舗を構えるにも人気の立地です。

明治38年に建てられた本建物は、玄関と庭、2階部分をそれぞれ2つずつ持つ珍しい町家で、 宿泊施設と自宅、店舗+工房+自宅、など複数の用途を兼ねることも可能です。