路地とは
そこに暮らす人のための聖域

京都の街中でよく目にする、一見、入りづらそうな路地。
一筋入るだけで、大通りの喧騒が嘘のよう。静けさと穏やかさが漂います。
そこに暮らす人のための専用の道は、住人たちの聖域。
お隣さんとの何気ない挨拶や、出入りする気配、部屋に灯る明かり…
集合住宅とはいえ、戸々が隔絶されたマンション住まいでは感じられない
人の気配で生まれる安心感は路地ならでは。
干渉しすぎず、でもお互いを気に掛け合う、
そんな穏やかな暮らしがここにはあります。

日本の原風景ともいえる、京都の路地。
近年はそんな路地の価値が見直され、改めて注目されています。

平家・二階建・庭。
京都の街中、しかも路地の奥で、
これだけの広さと庭をそなえた住まいはそう多くありません。

建物は木造の平家と二階建がひとつになり、
表と裏の庭で構成されます。

路地奥にありながら、
庭のある敷地に対して建物はゆとりをもって建てられており、
風通りも陽当たりも良いのは大きな魅力です。

住まい、あるいは仕事場兼用、人に貸すことも。

建物はトータルでおよそ33坪。
6室あるため、ファミリー世帯でのご利用も可能な広さ。

アトリエやギャラリー、事務所、モノづくりの工房、オーダーメイドの店など、
庭をのぞむ雰囲気を活かした仕事場と住まいを兼ねても良し。



ここなら広い庭のある日常が叶います。

素朴な趣き、元の間取を活かした
リノベーションで自分だけの家造りが叶う

後から建てられた二階建は全室和室として造られ、
平家と一体感があります。
広々したリビングのように部屋を一続きにした使い方をしながら、
2階を個室として使うことも可能。
部屋数がある分、用途のバリエーションも広がります。

ここに暮らした人が丁寧に住み継いできた昭和期の流行が垣間見える建物。
アンティークやヴィンテージのような華やかな雰囲気ではありませんが
ところどころに残る、素朴な素材を活かした家造りをしたい方にもおススメです。

LAYOUT

Renovation Plan

*Note
1.Renovation plan is changeable.
2.Renovation work is not a conditional sales.
3.We do not undertake the contact work.(We can introduce building contractors for the construction work)
4.Renovation cost is changeable depending on the renovation.
5.Total price does not include other expenses imposed to buy this property.

Photos

城と御所の間に。

世界遺産二条城と京都御所の間という、
京都らしさを味わうには申し分ない立地。
特に古くからの町並みが残る洛中では、
排他的という印象が世間にはあるようですが、
古くから暮らす人も、移住してきた人も
混在して街をつくっているのが昔も今も京都の魅力。

お店だって、老舗の和菓子店があるかと思えば、
町家を活用したオシャレなカフェ、
暮らしに欠かせないスーパーもたくさんあります。

ほどよい距離に地下鉄やバスが走り、
自転車があればさらにフットワークよく動けて
車を持たない人も多いぐらい。
洛中の暮らしは案外、便利なのです。

  • Nijo-jo Castle

    江戸時代、徳川家康により築城された二条城です。落雷により天守閣は焼失。幕末の動乱では大政奉還の舞台となった。外堀は、ジョギングコースとして市民に親しまれています。

  • Old streets

    物件の近所に位置する、京料理仕出しの「二和佐」さんと「入山豆腐店」さん。町家の老舗が向かい合う一角です。

  • The former head office of the Kyoto Prefectural government

    旧本館は、1904年(明治37年)に創建。現在も一部使用されており、当時の姿のまま現役で使用される官公庁の建物としては日本最古。毎年春に定期公開されています。

  • The Kyoto Imperial Palace

    14世紀ごろから明治2年まで天皇が居住した場所。現存する建物としては紫宸殿、清涼殿などがあり、春と秋に定期公開されています。

メールにて問い合わせ

Property Price 28,000,000 JPY (Approx. USD *1JPY= USD)
*November 7, 2017 Price Changed
Type & Conditions Unrenovated
Location

286-13 Komeya Town,kamigyo Ward,Kyoto

Transportation Approx. 9 min. walk from Subway Karasuma-line "marutamachi Sta."
Approx. 8 min. walk from Subway Tozai-line "Nijojo mae Sta."
Approx. 4 min. walk from Kyoto City Bus "Horikawa Mrutamachi Stop"
Land Area

Registered Size: 132.79 sqm

Private Street Area

N/A

Floor Area

Registered Size: 1F: 66.65 sqm / 2F: 31.12 sqm / Total: 97.77 sqm
Actual Size: 1F: 80 sqm / 2F: 30 sqm / Total: 110 sqm (Approx. Number)*Including unregistered area

Building Date Unspecifiable ( but at least constructed before 1950)
Extended in November, 1971.
Building Structure Tile Roofed, Two Storey Wooden House
Adjoining Street Street Width: 2.4 m (NOT a road in law), Frontage: 3.5m, Direction: North (Approx. Number)
Street Width: 1.6 m (NOT a road in law), Frontage: 4.3m, Direction: Eest (Approx. Number)
Land Use District Category 2 Residential Districts
Legal restriction 15m / Category 2 Height Control Districts
Quasi-Fire Prevent District
Old Urban Type Aesthetic Districts
Building Coverage Ratio 60%
Floor Area Ratio 200%
Land Category Residential Land
Land Tenure Title
Geographical Features Flatland
City Planning Act Urbanization Promotion Area
Notification According to
National Land Utilization Law
Not Required
Public Utility Electricity, Water Plumbing In/Out, City Gas
Current Situation Vacant
Handover Immediately
Transaction Terms Hachise as a Seller (No agent commission required)
Remarks

*This property is not available for guest house and inn.
*This property is unrebuildable. You cannot rebuild any architectural structure on this land when the existing one is demolished or collapsed.
*Renovation work is required due to it's aged deterioration.

Coordinated by Fujii Hirochika
Information updated November 20 , 2017
Information will be updated November 27 , 2017